岩松勇人が教える起業の種類と違い

あなたの起業をサポート

>

副業との大きな違いについて

副業の意味について

昔であれば会社に所属していながら会社以外の仕事をする事は禁止されていたのが当たり前でした。
ですが、近年になって法律も大きく変わり会社に所属していても他の仕事をする事を認める動きが広がりを見せています。
そんな大きな社会の変化も見られるようになった近年ですが、起業と副業の違いについて説明したいと思います。

ここでは、まず副業の意味について考えてみましょう。
そもそも副業と言うのは、本業とは別に収入を得ようとする為に始める、本業とは別の仕事の事を指します。
副業の就労形態は様々に分類されています。

それに就労形態により給料面にも大きな差があるのです。
必ずどこかの組織に所属している形となり経営者ではなく、いち労働者として働いていると言う事になります。

起業との大きな違いとは何か?

本来であれば、仕事をすると言う意味では同じになるのですが大きな違いは雇用形態にあると思います。
ここでは、そんな起業と副業の違いについて見てみたいと思います。
よく間違われやすく勘違いしている人も多いのではないでしょうか?
岩松勇人の講演会やセミナーでも、質問される事が多いです。

副業については前の記事でも紹介したと思いますが、雇用された時間の対価としてお金を貰って働く事になります。
しかし起業となると自身が経営者となり、自分の仕事のスキルや自身の才能を武器として、その対価として様々な利用者からお金を得ることになります。
自身が事業主となり自分を評価して貰う事で、仕事内容がお金に変わると言う事になると思います。


この記事をシェアする
TOPへもどる