岩松勇人が教える起業の種類と違い

あなたの起業をサポート

個人の独立から法人設立まで、起業に関する基礎知識

起業の仕方には今や様々な方法があり、敷居も低くなりつつあります。身近に起業した人の話を耳にして、興味を持ち始める場合もあるかもしれません。 そもそも起業とは何か、どんな種類があるのかを知り、行いたい事業に適した方法を選ぶことが大切です。 起業への第一歩として、基本的な知識をまとめました。

可能性は無限大。起業の種類

学生起業家、副業、スタートアップ企業など、起業に関する様々なワードを耳にする機会がここ最近で一気に増えました。
働き方改革にも代表されるように、私たちの働くことに対する意識も時代と共に変化してきており、個人で事業を展開し始める人だけでなく、会社員として働きながら副業として起業する人なども多く、その人の目的や目標に応じて様々な選択肢から仕事を選べるようになりました。
起業サポートセンターの存在や、資金調達方法の多様化によって、起業までに必要な準備も以前に比べれば気軽に行えるようになったのも、多くの人の興味をひく理由の1つと言えます。
独立をして株式公開を目指したいといった大きな目標を持って起業するパターンはもちろんですが、最近は稼ぐことだけを目的とした起業ではなく、毎日の生活を充実したものにしたり、交友関係を広めて本業に生かすことを目的として起業したという人も多いです。
余暇を趣味の時間に使うことも楽しいですが、自分の趣味や興味を生かした事業を行うことでその対価が発生するとなると、成果も得られて一石二鳥と感じられる場合もあります。
このように魅力満載に思える起業ですが、チャレンジしてみたいという思いはあっても、色々な業種や業態があるため何をしたら良いのか悩んでしまいますよね。
目的がはっきりしないまま起業をしたばかりに1年と持たずに廃業してしまったというようなパターンも少なくありません。
まずは起業にはどういった種類があるのかを知り、自身がやってみたい、やれそうと思えることを事業としてスタートさせましょう。

具体的な業種を知ろう

起業するにあたってまだ具体的なアイデアがない場合は、第一歩としてどういった業種や業態があるのかと、何が自分のスタイルに向いているのかを検討する必要があります。 市場で求められていること、自分の興味など、その時の状況に合致したアイデアを検討することが成功するためには大切な要素です。

新しい起業のスタイル

時代の流れに伴い、ユニークなビジネスが一段と増えました。 どんな人でも低コストで起業ができるようになった現代は、多くの人にチャンスを与えてくれます。アイデア次第では、小さなビジネスがゆくゆくは大成功という話も夢ではありません。 ここ最近注目されている起業ネタをご紹介します。

TOPへもどる